SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツー・E鯆鷆 ΑΕぅ鵐侫・・璽・ height=

あなたもアフィ・E┘ぅ隼箸辰董・稜筺・X陲靴討澆泙擦鵑・・

このページは・捜ット型検索済みエンジン RSE explosionによって、2007/09/06 9:27:10に保存さ・E・a href="http://www.zensho.or.jp/kentei/word/kentei.html">http://www.zensho.or.jp/kentei/word/kentei.htmlのキャッシュデータです。
RSE explosionは、この説明文よ・E焚爾離灰鵐謄鵐弔箸牢慙△△蠅泙擦鵝・
*
ZENSHO WEB SITE (財)全国商業高等学校協会
トップページ
協会について
検定について
スケジュール
全商会員校リンク集
先輩達の声
ZENSHO
連絡先
ワープロ研究部の広場
珠算・電卓 簿  記 ワープロ 情報処理 英  語 商業経済
ワープロトップページへ
お知らせ
●ワープロ実務検定
ワープロの実務検定試験は、第1級から第4級までの範囲があり、試験の内容は筆記(第4級を除く)・実技の2種目です。 実技はさらに、速度と文書(第1級は表または図やグラフを含む文書、第2級は表または図を含む文書、第3級は簡単な表を含むビジネス文書、第4級は ビズネス文書)の作成の2つに分かれています。なお、筆記では機械・文書に関する知識(機械・機械操作、文書の種類、文書の作成、文書の受発信)、 漢字・語句などに関する知識が出題されます。
検定実施日 検定料金
6月第5日曜または7月第1日曜
および11月第4日曜
第1級 1,600円
第2級 1,400円
第3級 1,200円
第4級 900円
●検定規則
<ワープロ実務検定試験規則>
(平成8年4月、11年4月、13年1月、14年5月、17年1月改正)
第1条 財団法人全国商業高等学校協会は、ワープロに関する知識・技能を検定する。
第2条 検定は筆記・実技試験によって行う。
第3条 検定は第1級、第2級、第3級および第4級の4種とする。
第4条 検定試験は全国一斉に同一問題で実施する。
第5条 検定試験は年2回実施する。
第6条 試験の種目・制限時間・程度は次のように定める。
第1級
(1)筆記
機械・文書に関する知識
・・・ 機械・機械操作、文書の種類、文書の作成、文書の受発信
漢字・語句などに関する知識
制限時間は15分
(2)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分
(3)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
表または図やグラフを含む文書。
制限時間は20分
第2級
(1)筆記
機械、文書に関する知識
・・・ 機械・機械操作、文書の作成、文書の種類、文書の受発信
漢字・語句などに関する知識
制限時間は15分
(2)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分
(3)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
表または図を含む文書。
制限時間は15分
第3級
(1)筆記
機械、文書に関する知識
・・・機械・機械操作、文書の作成、文書の種類、文書の受発信
漢字・語句などに関する知識
制限時間は15分
(2)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分
(3)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
簡単な表を含むビジネス文書。
制限時間は15分
第4級
(1)実技(速度)
問題は活字。印刷は時間外。
制限時間は10分
(2)実技(文書)
問題は活字または手書き。印刷は時間外。
ビジネス文書。
制限時間は15分
第7条 検定に合格するためには、各種目とも次の成績を得なければならない。
筆記
第1級〜第3級とも100点満点で、80点以上。
実技(速度)
10分間の純字数
第1級:700文字以上、第2級:450文字以上
第3級:300文字以上、第4級:200文字以上
実技(文書)
第1級〜第4級とも100点満点で、80点以上。
第8条 検定に合格した者には合格証書を授与する。
第9条 前条による検定合格証書は、次の様式による。(証書の様式省略)
第10条 検定試験受験志願者は、所定の受験願書に受験料を添えて本協会に提出しなければならない。
第11条 試験委員は、高等学校その他の関係職員がこれに当たる。
<ワープロ実務検定施行細則>
第1条 受験票は本協会で交付する。受験票は試験当日持参しなければならない。
第2条 試験規則第5条による試験日は、毎年6月の第5日曜日とし、該当月に第5がない場合、7月の第1日曜日とする11月は第4日曜日とする。
第3条 受験料は次のように定める。(消費税を含む)
第1級   1,600円
第2級   1,400円
第3級   1,200円
第4級    900円
第4条 機械は、試験場校で用意するものかまたは受験者が持ち込んだものを使用する。ただし、機械の持ち込みを希望する者は、試験場校の指示に従い試験の前日もしくは当日に搬入する。
第5条 試験会場では試験委員の指示に従わなければならない。
第6条 合格発表は試験施行後1ヶ月以内に行う。その日時は試験当日までに発表する。
このページの先頭へ
トップページ 協会について 検定について スケジュール 全商会員校リンク集 先輩達の声
-著作権について-
本ホームページに掲載されている記事・写真画像・デザイン画像の著作権は、特に明記の無い場合、
全て全国商業高等学校長協会/(財)全国商業高等学校協会 に帰属します。
これらの素材を個人的に閲覧する以外の目的で使用または改変することは、営利・非営利に関わらず禁じられています。
管理者ページ 全国商業高等学校長協会/(財)全国商業高等学校協会